2010年12月12日

CDラジカセ

先日、店内で音楽を流しているCDラジカセが壊れてしまいました。

音は出ることは出るので、CDの信号を認識するセンサーの不具合ではないようですが、
何せ音はぐちゃぐちゃで、ノイズもひどくとても聴けたものではありません。
とりあえず、息子の部屋で使われずに眠っていたCDラジカセを拝借して、今はしのいでいます。


当店では長いこと有線放送を流していましたが、経費節減の一環として昨年9月に有線放送を解約し、
それ以来このラジカセでCDを1日中流してきました。
ですからかれこれ1年と3ヶ月の間、営業時間中は休まず稼動していたわけです。

稼働時間はザッと計算しても、6400時間になります。
そう考えると、逆によく持ったな、という気さえします。

CDplayer.jpg


さてこの機械、これからどうしようかというところで、ちょっと悩みます。

元来私は、物は大切に永く使っていきたいタイプですので、出来れば修理して使い続けたいところですが、
もともと9,980円という安物ですから、修理に出したところで、
ヘタをしたら新しいのを買ったほうがずっとお得、なんてことにもなりそうです。
しかも今は、修理見積りを取るだけでもおカネが掛かるので、おいそれと持っていけないのです。

もっともCD以外は問題なく使えるので、ラジオを流すという手もありますが、
当店のある界隈はどうも電波状況が悪いようで、FM放送はノイズだらけで、快適に聴くことが出来ません。

さ〜て、どうしましょうかねぇ。
posted by まるち蔵 at 18:05| Comment(0) | 店内いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。