2009年09月11日

「ひやおろし」の季節、到来!

日増しに朝晩冷え込むようになりました。
いよいよこれから本格的に日本酒のシーズンです。
そしてそのトップを切ってこの時期、各社で出揃ってくるのが、
「ひやおろし」です。

hiyaorosi09.jpg


「ひやおろし」とは何ぞや?
という方のために、今一度ご説明いたします。

ごく簡単に言えば、

冬の間に仕込んだお酒を春先に搾って、そのまま酒蔵のタンクで寝かせ、
秋になり外気温が下がってきた頃を見計らって瓶詰めするお酒


ということです。

昔は搾ったお酒をすぐに飲むという、
今で言う「しぼりたて」の考え方はありませんでした。
お酒を搾ったらとりあえず寝かせておいて、ひと夏を越させます。
そうしないと味が乗って来ないことが分かっていたんですね。

そして、今か今かと待ちわびた秋口に、ようやく口にすることができたのです。
待ちに待っただけに、それを口にする喜びは、相当なものだったんでしょう。

今では大手の酒造会社では、年間に亘って造りが行なわれたりしてますから、
昔のようにこの時期の酒を心待ちにすることもなくなりました。

しかし、年々失われつつある「季節感」とともに、
こういった「旬」の感覚も大切にしたい、という気持ちが、
今のこの「ひやおろし」の盛り上がりに繋がっているのではないでしょうか。



まあ小難しい理屈は抜きにして、ともかく飲んでみてください。
特にサンマの塩焼きなどに、お燗したひやおろしを合わせたら、
もう感動のあまり、むせび泣いてしまいますよもうやだ〜(悲しい顔)

「ひやおろし」を飲まずして、日本酒はキライと言うなかれ!
私は声を大にして言いたいと思います。


*** リカーパークまるち蔵 ***
〒510-0087 三重県四日市市西新地17−4
TEL:059-351-1477
MAIL:multi@m6.cty-net.ne.jp
posted by まるち蔵 at 20:01| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。