2009年01月16日

『キンミヤ焼酎』

地元三重県では全然売れてないのに、東京でバカ売れしているという、不思議な商品があります。

楠町の『宮崎本店』で造られている、『亀甲宮(キッコーミヤ)焼酎』がそれです。


Kinmiya1.JPG Kinmiya2.JPG


もっとも一般的には、『キンミヤ焼酎』という呼ばれることが断然多いようですが......。

以前の呼び方で言うところの「甲類焼酎」で、『純』や『大五郎』などと同じタイプの焼酎です。







これが東京の、特に下町で、永きにわたって愛飲されているというのです。

たいていは、『キンミヤ焼酎』と炭酸水を適当な比率で割って、そこにお好みに応じて

レモンや梅エキスを入れて飲む、「炭酸割り」というスタイル
で飲まれています。

いわゆる、「元祖・チューハイ」ですね。

そのほかにも、『ホッピー』というノンアルコールビアドリンクで割って飲む人も多いようです。






ところでこの『キンミヤ焼酎』が東京でバカ売れしているのには、少々ワケがあります。

時は大正、関東大震災のときです。

この非常時に同業他社が、得意先の売掛金の回収に躍起になっていたとき、

『宮崎本店』はそんなことには目もくれず、焼酎甕に飲み水を満々とたくわえ、

得意先の酒屋さんに提供して廻ったということです。

義理堅い江戸っ子は、その時の恩義を今も忘れてはいなかったんですね〜。






そうやって『キンミヤ焼酎』は、東京の下町の味として根付いてきましたが、

このところのレトロブームもあってか、その存在が逆に新鮮に感じるということで再ブレークし、

山の手の方の飲食店にも扱うところが増えてきたのです。

そして先日、地元CBCテレビの某情報番組でこの商品が取り上げられましたが、

放映後は当店にもお問い合わせが結構ありました。







そしてこれを飲まれた方からは、

同じようなタイプの他社の商品に比べてずっと美味しい、というお声もお聞きしています。

それもそのはず、『キンミヤ焼酎』が造られる水は、“超”軟水の鈴鹿山脈伏流水ですから、

仕上がりがとてもまろやかになるのです




地元にこんな隠れた名品があるとは、ちょっと意外でしたね。

これを飲んで、下町情緒に浸ってみるのも、また“粋”なものかもしれませんね。

さあ、どうぞ一度お試し下さい!
posted by まるち蔵 at 00:00| Comment(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。