2010年08月26日

アパッシメント

今日は当店がお取引いただいているインポーターのワイン試飲会に出掛けてきました。
相変わらずスゴイ熱気です。

inabasiinkai10a.jpg


今回は3時間ぶっ通しで、計53アイテムを試飲してきました。
で今回、面白いな、と思ったのは、「アパッシメント」によるイタリアワインです。

「アパッシメント」ってなんじゃらほい???、という方も多いかと思います。
かくいう私も、言葉としては知ってはいたものの、具体的なイメージとなるとほとんど無い状態でした。

以前は「パッシート」という呼び方もされていたように思いますが、
この「アパッシメント」とは、簡単に言うと「陰干し」という意味です。

収穫したブドウをすぐに仕込むのではなく、風通しが良く陽の当らないところに薄く広げて、
しばらくの間陰干しさせるのです。
こうすることによって、徐々にブドウは乾燥していき、その分相対的に糖度が上がります。
この糖度が上がったブドウでワインを仕込むわけですが、糖分をすべてアルコールに変えるのではなく、
少々残すことで、ワインの味に若干の甘味を与えるのです。

今日試飲した“アパッシメント”ワイン(赤白両方ありました)も、別に「甘口」というわけではないものの、
味わいに「落ち着き」とか「リッチさ」といった要素を与えてるように思いました。


で、インポーターの方にさらにうかがうと、この手法がイタリアだけでなく、
全世界的にトレンドになりつつある、ということなのです。
さすがにこのことには私も気がついてませんでした。
改めて思い返してみればここ数年、甘ささえ感じるような果実味溢れる赤ワインが、結構出回るようになってきてますから、
こういうのもひょっとしたら“アパッシメント”ワインの手法を取り入れてるのかもしれませんね。

そういえばここ最近、フランスなどのヨーロッパ諸国で、
若い世代を中心に「ワイン離れ」の現象がみられる、という話を聞いたことがあります。
若者にワインを見直してもらおうという動きと、この「アパッシメント」手法、あながち無関係でも無さそうな気がしますが.....

(肝心のワインの画像なんですが、今日は撮り忘れたので、商品が入荷したらアップします)


*** リカーパークまるち蔵 ***
〒510-0087 三重県四日市市西新地17−4
TEL:059-351-1477
MAIL:multi@m6.cty-net.ne.jp
posted by まるち蔵 at 01:29| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日のつぶやき

masakiura / リカーパークまるち蔵
今日の時点で確信しました。優勝は阪神で決定!いや別に、私は虎ファンではありませんが.... at 08/25 23:00


masakiura / リカーパークまるち蔵
終わったぁ〜。丸々3時間掛けて全部で52アイテム。あぁ疲れた…で、これから遅いランチです。 at 08/25 16:12


masakiura / リカーパークまるち蔵
名古屋なう。これからワインの試飲会。 at 08/25 12:32

masakiura / リカーパークまるち蔵
おはようございます。疲れがたまってきてる感じですが、気合いを入れて乗り切りましょう。 at 08/25 09:12
posted by まるち蔵 at 00:01| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。