2010年04月19日

所酒造さん訪問記

今日は岐阜県まで足を伸ばして、揖斐川の上流に位置する小さな町で
『房島屋』というお酒を造る、「所酒造」さんにお邪魔させていただきました。

tokoro-gaikan.jpg

この蔵で杜氏を務めるのは、こちらの若社長・所優さん、まだ30代とお若い方です。
それまで普通酒ばかり造っておられたところ、優さんが戻って来られてから初めて
『房島屋』ブランドを立ち上げ、それが酒通の人たちの間で話題になったのです。

tokoro-yuu.jpg


蔵の中は非常にコンパクトにまとまっていて、無駄のない作りです。
まだ仕込みも行なわれていましたが、仕込タンクはサーマルタイプで
温度調節が出来ますので、問題ありません。
他にも随所にこだわりが見られますが、造りの質を落とさないことと、
少ない人数で効率的に作業すること、このふたつを見事に両立させているな、
と感じました。

tokoro-sikomitank.jpg tokoro-moromi.jpg


ひととおり見学させていただいてから、お待ち兼ねの試飲です。

私も以前、こちらのレギュラーの純米酒を飲んで、すっかりその美味しさに
ほれ込んだのですが、今日は原料米や酵母の違いがはっきりと認識できるような
サンプルを出していただいて、改めて『房島屋』というブランドの奥の深さを体感できました。
優さんもおっしゃってましたが、この『房島屋』はどれをとっても比較的酸が豊富なので、
基本的には食中酒としてお燗をして飲むといいようです。

tokoro-siin.jpg

限定流通商品ですので、直ちに取引開始というわけにはいきませんが、
ゆくゆくは当店でも扱わせていただけるようお願いして、帰途に着きました。


*** リカーパークまるち蔵 ***
〒510-0087 三重県四日市市西新地17−4
TEL:059-351-1477
MAIL:multi@m6.cty-net.ne.jp
posted by まるち蔵 at 00:24| Comment(1) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。