2010年04月04日

枝垂桜とレトロな橋

うららかな秋の陽気に誘われて、桜を見に行きたくなりました。
そこで今日出掛けたのは、いなべ市にある「勝泉寺」というところです。

sidarezakura1.jpg

ここは2年前に、知人に教えてもらって初めて行ったのですが、
ここの枝垂桜の枝振りのあまりの見事さに魅せられて、
すっかり私のお気に入りスポットとなりました。
枝垂桜ですから、桜の花が風に揺れる様を間近で見ることが出来ます。

sidarezakura2.jpg

本当は境内の桜よりも、100mほど離れた墓地に有る桜の方が枝ぶりもいいのですが、
撮った写真が逆光になってしまったので、今回アップするのはお預けにしました。

まだまだあまり知られていないのか、ちょうど見頃なのにも関わらず、
訪れる人はさほど多くなく、「隠れた名スポット」と言えそうです。



そして帰り道、先日ふとしたキッカケで知った、三岐鉄道・北勢線に架かる
「めがね橋」「ねじり橋」という、レトロなアーチ橋を見に行きました。
両方とも大正5年に出来たものですから、今年で94年になりますが、
昨年には土木学会選奨の土木遺産にも選ばれています。

周りの風景にすっかり溶け込んでいるので、パッと見にはあまり目立たないのですが、
近寄ってよく見ると確かに重厚感とともに、何ともいえない味わいが感じられます。
近代建築ばかり見慣れた目には、たまにはこういうのも新鮮でいいものですね。

meganebashi.jpg  nejiribashi.jpg

(左:めがね橋、右:ねじり橋)
posted by まるち蔵 at 23:19| Comment(0) | お出掛け日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。