2010年02月20日

赤薩摩

いやー、またすっかりご無沙汰してしまいまして、申し訳ありません。

今回はまた、限定発売の商品のご紹介です。



akasatuma.jpg

『赤薩摩』25度

『さつま白波』でおなじみの薩摩酒造が、紅芋を使って造った焼酎です。

同じ紅芋でも、『赤霧島』で使っているのは「ムラサキマサリ」という品種ですが、
この『赤薩摩』で使っているのは、 「頴娃紫(エイムラサキ)」という品種です。

普通一般のイモ焼酎によく使われている「コガネセンガン」などに比べると、
畑の土作りや育て方にとても手が掛かるようですが、その分甘味もあって、
ポリフェノールをたくさん含んでいるということです。

紅芋系の焼酎といえば、あの『赤霧島』が浮かびますが、この『赤薩摩』は、
『赤霧島』をもうちょっと無骨にしたような感じに見受けられます。



どうぞお試しください!
あっ、でもこの商品は限定生産なので、お求めになる方はお急ぎくださ〜い。



*** リカーパークまるち蔵 ***
〒510-0087 三重県四日市市西新地17−4
TEL:059-351-1477
MAIL:multi@m6.cty-net.ne.jp
posted by まるち蔵 at 02:08| Comment(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

倉庫解体

昨年末に倉庫を移転しましたが、使わなくなった旧倉庫の解体が始まりました。

私が生まれるずっと前から建っている倉庫で、
小さい頃から店の手伝いをしていた私にも、いろいろと思い出がありますから、
もう無くなってしまうかと思うと感慨もひとしおです。

解体された後は駐車場となります。


soukokaitai.jpg
posted by まるち蔵 at 18:51| Comment(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

雪の朝

今朝は休日にもかかわらず、朝から特別な配達の仕事がありました。

終わってから西の方を見ると、すっかり真っ白になっている一面の田畑の向こうに、
雪をかぶった鈴鹿山脈が連なり、朝日に輝いていました。

yukinoasa.jpg

早起きは苦手ですが、朝日を受ける山々の姿を拝めるのが、私にとってのご褒美です。

ちなみに今回は、先日購入した新しい携帯電話のカメラで撮った写真の、初のアップです。
posted by まるち蔵 at 18:12| Comment(0) | 仕事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

シャトー・サント・コロンブ

もうすぐバレンタインデーるんるん
本命の彼氏に贈るものはお決めになりましたでしょうか?
チョコレートもいいけど、ここはちょっと小粋に、
ワインのプレゼントなんていかがですかバー


バレンタインデーにワインというと、真っ先に浮かぶのが、
フランスはボルドーの有名シャトー、『カロン・セギュール』です。
ラベル一杯に描かれたハートのマークで有名ですね黒ハート

ただこれはちょっとお値段が張ります。
ヴィンテージにもよりますが、今なら大体7〜8千円くらいでしょうか。


しかしそこまで出さなくても、もっといいのがあるんです。
それがコレ右斜め下


SainteColombe10.jpg

『シャトー・サント・コロンブ '06』 750ml 2,310円(税込)

同じくフランス・ボルドー産のワインですが、
こちらは真っ白のラベルの中央に鳩の絵が描かれ、
その周りにハートマークがあしらわれています。

個人的には『シャトー・カロン・セギュール』よりも
ずっと洗練されたデザインだと思ってます。
しかもお値打ちな価格がウレシイですねぴかぴか(新しい)


プレゼント用のラッピングをして、お待ちしておりますプレゼント

Velentine10.jpg


*** リカーパークまるち蔵 ***
〒510-0087 三重県四日市市西新地17−4
TEL:059-351-1477
MAIL:multi@m6.cty-net.ne.jp
posted by まるち蔵 at 19:19| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ばんなりました

『諏訪泉』でおなじみの諏訪酒造さんから、しぼりたてのお酒が到着しました。


bannarimasita.jpg

『諏訪泉 ばんなりました2009 生原酒』


「ばんなりました」って、何でしょう?

これは蔵元のある鳥取県東部の方言で、「こんばんは」という意味だそうです。


このお酒を造るのに使われているお米は『吟吹雪』という銘柄ですが、
あまり聞いたことがない名前かと思います。

この蔵元のお酒は通常、他の土地で契約栽培されたお米を使用していますが、
この『吟吹雪』は、地元・智頭町の風土に合った酒米を作ろうということで活動している、
『諏訪泉酒米研究会』の4人のメンバーの手で栽培されたものなのです。

米作りからお酒を絞るまで一貫して、地元・智頭町の情熱が詰まった、
旨味たっぷりのお酒です。

ぜひ一度ご賞味を!


『諏訪泉 ばんなりました2009 生原酒』 720ml  1,208円 (税込)



*** リカーパークまるち蔵 ***
〒510-0087 三重県四日市市西新地17−4
TEL:059-351-1477
MAIL:multi@m6.cty-net.ne.jp
posted by まるち蔵 at 19:19| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。