2009年10月03日

幻の『伊勢錦』、再び

昨年のブログでもご紹介しました、こちらのお酒左斜め下

Hatibeeisenisiki09.jpg

『酒屋八兵衛 伊勢錦 山廃純米酒』

今年も当店に入荷しております手(チョキ)

あの有名な酒造米『山田錦』の母親に当たるという、由緒正しいルーツを持ちながらも、
戦後まもなく生産が途絶えてしまった幻のお米『伊勢錦』、
これを三重県大台町の『元坂酒造』さんが見事復活させ、自社田で栽培を続けています。



実はこのお酒、もう1ヶ月前に入荷していたのですが、あえてご案内を控えておりました。
というのも担当セールス氏曰く、

  「これはもうちょっと常温で熟成させたほうが、もっと美味しくなりますよ!」

ということで、ちょっと頃合いを見計らっていたのです。

もちろん今が飲み頃のピークで、これからどんどん劣化していく、
ということではありません。
キチンと造られたお酒は緩やかに熟成が進み、その時々に違った顔を見せてくれます。
そしてそれは1年や2年経っても、同じような楽しみ方が出来るのです。
このお酒は、そんなお酒の中のひとつです。

ちょっと付け加えさせていただくと、飲まれるときは、常温かお燗がオススメですねるんるん
数に限りがございます。御用の方はどうぞお早めに!


*** リカーパークまるち蔵 ***
〒510-0087 三重県四日市市西新地17−4
TEL:059-351-1477
MAIL:multi@m6.cty-net.ne.jp
posted by まるち蔵 at 16:04| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。