2009年06月17日

18年目に「こんにちはっ!」

先日開催いたしました「日本酒テイスティング会」
今回お出ししたお酒の中で、あえて「大トリ」に据えたのがコチラ左斜め下

PICT0425.JPG

『玉乃光 純米大吟醸 備前雄町100%』です。

これだけでは珍しくも何ともないのですが、
詰口日付の表示を見てみますと.........左斜め下

PICT0443.JPG

「91.7」………そう、今を遡ること18年前に詰められたお酒です。

どうしてこんなものがあるのか......
.....ぶっちゃけたことを言えば、当店でかつて売れ残った在庫を、
倉庫の冷蔵庫の奥の方にしまい込んだまま、ずっと失念してしまっていたのです。

それを私がたまたま数年前に発見したのですが、
どうせ開けるならよほど機会を選んで開封したいと思っていました。




そして今回、いよいよその機会に恵まれたというわけです揺れるハート

早速皆様に味わっていただいたところ、
「おいしい〜!」ぴかぴか(新しい)というお声を数多くいただきました。



私も店に帰ってから、少し残っていたのを飲んでみたところ、
なるほど、結構良い感じで熟成しているではありませんか!るんるん

元の味が分からないので、単純に比較は出来ませんが、
かなり角が取れて、丸みのある味になっているように思います。
お酒の色も思ったほど黄ばんではいなくて、艶のある淡い山吹色です。

PICT0448.JPG

このお酒がこのビンに詰められた1991年7月といえば、
私はどこで何をしていたかな〜..........などと考えながら、
しみじみと味わいました。




昨今日本酒メーカー側でも、「賞味期限」を設定するところが増えてきました。
個人的には、「日本酒に賞味期限」という考え方には否定的なのですが、
確かに保管状況が良くなければ、時とともに劣化していくのは避けられませんから、
「賞味期限」的な考え方になってしまうのも致し方ありません。

しかし熟成させて美味しくなるのは、何もワインだけではなく、
日本酒も正しく熟成させれば美味しくなる、ということを知識として
頭の片隅にでも置いていただければ、それだけでも結構です。



*** リカーパークまるち蔵 ***
〒510-0087 三重県四日市市西新地17−4
TEL:059-351-1477
MAIL:multi@m6.cty-net.ne.jp
posted by まるち蔵 at 16:56| Comment(4) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。